仕事辞めたい…。そもそも働く意味ってなに?【働く意味を知ると辛さがなくなる】

こんにちは。さおり(@saori_s_cafe)です!

毎日毎日、上司に怒られて、「なんのために働いているんだっけ。」と悩んでいるあなた。

お客さんや利用者に怒鳴られて、「あれ、なんで働かなきゃいけないんだっけ。」と疑問を持ってしまったあなた。

その疑問を抱くことはあたりまえです。

なぜなら「働く意味」を考える時、その本質には「生きる意味」が隠れているから。

「なんのために働くのか分からない」という疑問を少しだけ掘り下げ、「あなたの働く意味の本質」を見つけていきます。

 

なんのために働くのか分からない

あなたは「働く意味」を聞かれた時、どう答えますか?

「誰かの役に立つ、社会貢献のため」

「お金を稼いで、生活していくため」

「そんなくだらないことを考えなくなった時が、君が一人前になった証だ」

どれも的を射ていなくて、どこかもどかしいですよね。

 

働く意味の答えは…

「働く意味」は「あなたの生きる意味」に直結します。

 

あなたの生きる意味はなんだろう

働く意味=生きる意味ってどういうこと?

ここで、アタシが敬愛する故:池田晶子(哲学者)の言葉を引用します。

生きるためには、食べなければならない。
食べるためには、稼がなければならない。
そのためには、仕事をしなければならない。
この「しなければならない」の繰り返しが、大人の言うところの「生活」だ。

出典:『14歳からの哲学』池田晶子

 

「自給自足で生活できるひとは、仕事をしなくてもいいのか」

という疑問が浮かぶと思うのね。

その答えは、「あなたの生きる意味」によります。

 

生きる意味

働かないで、生活保護を受けて生きていけたらいいな、と思う人の「生きる意味」ってなんだろう。

世間体や、周りの目、そして自分の価値観を無視して生きていくことに、苦痛がないんだったらそれも一つの生き方。

でも、そうじゃない。

漠然と、「こう生きていきたい」という想いがあるから「働く」ということに悩んでいると思うのね。

「どう生きたいか」は、そのままあなたの「生きる意味」に繋がります。

つまり、「生きる意味=どう生きていきたいか」ということです。

 

死生観をみつめる

死生観とは…

生きることと死ぬことについて、判断や行為の基盤となる考え方。生と死に対する見方。

出典:コトバンク

生きる意味や、死ぬことついてどう考えているか、捉えているか、ということです。

私たちはそれぞれ個々に、生きる意味が異なります。

歌手だったら、「歌うことが生きる意味」かもしれないし、書道家だったら、「書くこと」かもしれない。

あなたの生きる意味はなにかな。

 

「個性」を磨くと、生きる意味が見えてくる

個性を磨くと、生きる意味が見えてくることがあります。

「これをするために生きている」という生きることに対しての「意味づけ」がしやすいためです。

もしも、「個性」を潰される会社にいるなら、辞める算段をしたほうがいいかもしれません。

なぜなら、「あなたの個性」が「あなたの生きる意味」を強くするから。

個性を潰す会社とは、

 

あなたのあるがままを受け入れてくれない、「いじめ」や「意見を受け入れてくれない上司」が存在する会社です。

 

結論:働く本質とは

働く本質は、あなたがあなたらしく生きていくための「手段」です。

お金を稼ぐためでも、誰かの役に立つためでもない。

あなたという「個性」を発揮する「手段」が「働く意味」であり「働くという本質」です。

 

生き方は自由

つまるところ、人間はご飯を食べれば生きていけます。

そこに、あなたという「個性=価値観」があるから、あなたはそこに住んでいるし、その服を着ています。

本当は、衣食住の「食」だけで人間は生存できるのに、あなたは可愛い服を選んだり、かっこいい時計を身に着けています。

その「価値観」を大切にしてほしいです。

なぜなら、「あなたの個性」が「あなたの生きる意味」を強くするからです!

 

さいごに

あなたの「生きる意味」はなにかな。

それが、「働く意味」に直結します。

あなたの「個性」をしっかりと見つめ、それを生かせる環境に身を置けることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です